腰痛の原因と対処法

腰痛の原因と対処法

腰痛でお悩みの方は大勢いらっしゃいますが、その原因は実は人によって様々で、多くの原因があります。
大きく分けて、腰痛には加齢、脊椎、筋肉や骨、神経、椎間板、内臓などに原因があります。
その原因について、詳しく紹介していきます。

加齢による原因

人間誰もが生きていく上で年をとってしまいます。
そのため、年をとるにつれ体も衰えてしまいます。身体の衰えが原因で腰痛になることもあります。
身体の衰えで言うと椎間板の水分が減少したり、骨の骨密度が少なくなってきたり、骨との間の部分の動きが上手くいかなかったりします。
そのような、衰えが腰痛を引き起こす原因になります。

対策法としては、加齢を補えば少しくらいは腰痛が治まると思います。
筋肉を鍛えるために歩いたり、食べる量を増やしたりするなど加齢だからしょうがないでは治るものも治りません。

脊椎、神経、椎間板、筋肉による原因

脊椎、神経、椎間板が原因の腰痛は何かしら物理的に力がそれらにかかり、腰痛になる事があります。
事故の衝撃でない限り問題ないと思い、病院に受診すると脊椎版ヘルニアだったりもします。
普段の日常生活にもこれらの原因になる事もあります。

例えば、姿勢が悪い事や重い荷物を運ぶなど。
同じ体勢を長時間とる事や重い荷物を上げたりおろしたりすることにより腰に負担がかかる事はありえなくはありません。
そして負担をかける事により物理的に骨が神経に当たる等して、腰痛が起こる場合もあります。

対策法としては、体に物理的に負担をかけない事とストレッチや体操、筋肉をつける事になります。
筋肉をつける事により、筋肉が体にかかる負担を軽減してくれたり、ストレッチや体操をする事によって体ほぐす事もケガ防止のように予防にもなりリフレッシュする事もできます。

骨密度による原因

骨の骨密度により腰痛を引き起こす事もあります。

骨密度が少ないと骨がもろいため、骨が折れやすいです。
そのため、いつのまにか骨折していたせいで腰痛になっている事もあり得ます。
骨密度を増やせば、骨折はしにくくなり丈夫な骨になります。
骨密度を増やすためには、栄養を摂る事が必要です。
ダイエットや偏った食事ばかりをしていると骨を丈夫にできません。

バランス良く食事をとる事と1日3食きちんととる事が望ましいです。

内臓疾患による原因

内臓が原因の腰痛としては、泌尿器系、消化器系、循環器系など風邪によって引き起こされるものがあります。
もし、これらが原因であればその腰痛の痛みが物理的な原因ではないと判断して治療に専念しましょう。

内臓が原因の腰痛であると判断するためには、物理的な原因でないと判断しなければいけませんのでなかなか痛みが引かない時は内臓が原因だと探り、すぐに病院に行きましょう。

腰痛でお困りの方はケン整体院へお越しください

もし腰痛でお困りでしたら身体の症状の根本原因を特定し働きかける事により、身体の不調を根本的に改善する生体治療法のX整体を体験してみませんか?

現代における原因を探る事で、体の不調を特定し、解消する事ができます。

関連記事

  1. 中々治らない肩こりの原因は脳の誤作動かもしれない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    Information

    恵比寿駅からすぐ。ケン整体は国家資格である柔道整復師の資格を所持した施術者による安心の整体を行います。腰痛や肩こりにお悩みの方はぜひご相談下さい。

    PAGE TOP